夢眠書店より新しく立ち上げる出版レーベル「夢眠舎」から、「imaginary」を販売

(2021年9月2日)

当社では、下北沢にある夢眠書店(代表:夢眠ねむ)が立ち上げる出版レーベル「夢眠舎」が創刊する“どれもこれも気に入らなかった人が最終的に手に取るしかないマガジン”「imaginary」を2021年冬に発売いたします。

「imaginary」は、今まで批評の場でスルーされていた様々なカルチャーをユーモアとキラキラを最大限織り交ぜ、広域的に語り尽くす「批評・カルチャー誌」で、年2回発行予定です。

編集長は独自のイラストや文筆でお馴染みの水野しずと、電影と少年CQ のメンバーであり、セルフプロデュースのDIVA Project を始めたことも話題のゆっきゅん。
毎号、特集テーマを設け、既存のメディアで未だ取り上げられていない“実力” のある人、カルチャーなどにスポットライトを当てることを試みます。

imaginary編集長

日販アイ・ピー・エスは、「imaginary」の作品販売を通じて、書店店頭活性化の実現に貢献すべく、様々な取り組みを行ってまいります。

創刊号のテーマは『2020 年代のファッション~オシャレと思想と磁場と未来~』
(1) パフェライクな人々
(2) バズり貧乏・鍵垢富豪
(3) 実力のブーム
という雑誌が定義する3 つのキーワードを元に、20 年代ファッションを予見します。

新雑誌『imaginary』プレスリリース

imaginary 公式ツイッターアカウント:@imaginary_tokyo

■本件に関するお問い合わせ
日販アイ・ピー・エス株式会社 出版事業課 担当:丁・奥野・東久保
TEL:03-5802-1859 FAX:03-5802-1891
E-mail:shuppan@nippan-ips.co.jp

お問い合わせフォーム